教育ローン

大手銀行の教育ローンは金利も安く、人気ですが、審査も厳しいのが現実。
勤続年数や最低年収も定められていて、誰でも借りられるわけではないんです。

でも、同じように教育関連の出費はあるわけですから借り入れ申込みは複数してみるといいのですが、残念ながら教育ローン審査に通らなかった場合、あきらめずに自由目的キャッシングやカードローンにも目を向けてみてください!

消費者金融キャッシングやカードローンは、使用目的が自由なので、塾、入学費用、制服代、修学旅行や学費といったあらゆる教育関連の費用に補てんできます。
しかも、審査期間も短く、最短で即日に借り入れできる場合もあるので、急を擁する場合にも対応できてしまいます。

自由目的の銀行カードローンならば、限度額も高いものだと500万円を軽く越えてしまうくらいの高額のものもあり、大手銀行なので金利もかなり低くお得です。
消費者金融にもアイフルやプロミスで目的ローンがあるのですが、最大でも100万円~300万円の融資が受けられ、金利も通常より若干低くなっています。

ここでは教育ローンに加え、教育を含む多目的に使えるローン商品を紹介しています。金利は変動のものが多いですが、限度額など、比較してみてください。

  • 最低実質年率順
  • 最高実質年率順
  • 条件順

プロミス教育資金としての利用ができる目的ローンは利息もお得!

教育ローンの詳細ページへ
最低お借り入れ利率最高お借り入れ利率条件
4.5% 17.8%

プロミスの教育資金目的で組める目的ローンは利息が4.5%~17.8%ととてもお得です!最大500万円までの融資が受けられるので留学費用や入学費用にも充分利用可能です。

モビット

教育ローンの詳細ページへ
最低お借り入れ利率最高お借り入れ利率条件
4.8% 18.0% 満年齢20才~65才の安定した収入のある方

教育ローンの1ポイントアドバイス

教育ローンは、長期にわたって借入をするので、金利は当然なるべく安く、そして、信頼できる大手の金融会社や銀行を選ぶのがまず大事になります。 金利に関しては、銀行の教育ローンですと、変動がほとんどですから、後々あがることも下がることもあると頭に入れておきましょう。
ただ、教育ローンですと、元金据置期間といって、在学中は、返済が利息だけでいいという、お金のかかる期間の家計の負担を減らしてくれる措置もあるので、これがあるかないかも、重要なポイントですね。

多目的ローンのプロミスやアイフルの消費者金融は、金利は固定なので、急に高騰することはありません。 教育ローンでなくても、銀行カードローンは、借入の目的を問わず、借入ができますから、そちらの方も検討してみるといいですね!(消費者金融も同様) さまざまな会社の商品プランをじっくりみて、ぴったりなものを見つけましょう!