アコム、アイフルは黒字だったもののプロミスは大幅な赤字

プロミス大幅赤字

2011年11月14日、2011年4~9月の大手消費者金融大手3社連結期決算が出そろいました。
アコムは、前年度の同時期の決算では、483億8000万円の赤字でしたが、今期は、283億9100万円の黒字をだし、アイフルも3.3倍で111億4800円の黒字。しかし総量規制の影響で、融資残高が減り、前年同期よりも営業収益を大幅に下回る結果に。

一方で、プロミスは、顧客が過去プロミスに支払いすぎた過払い金(利息)の返還損失で、こういったことでの損失関連の引当金が大幅に積み増しされてしまい、今回の最終損益の赤字も拡大してしまった。プロミスは前年同期は33億7100万円の赤字でしたが、今回は、2085億5300万円の赤字。
利息返還に備えていた引当金残高に前年同期末と比較して約6割積み増してしまったのが主な原因とされています。