アコムは今後事業拡大を軸にした成長戦略を開始

アコムの今後の事業戦略

武富士の経営破綻以降、加速していた過払い金請求だったが、2011年11月10日に行われた決算会見で、その件数は、緩やかではあるが減少しており、徐々に正常化に向けて改善していく期待がもてると発付言しました。

さらに、『これまでは、貸金業法の改正への対応をはじめ、経営の体質強化対策の対応を重点課題としてきたが、長期的な視点からみると、事業拡大に軸を置いた戦略投資も必要になる』とし、広告宣伝などを進行して、今後は事業拡大に軸を置いていく方針を示しました。

一方で三菱UFJフィナンシャルグループとの資本関係を強化する考えは今のところないとして、銀行からの融資や、自己資金で、この事業拡大の戦略投資を進め行くようです。