キャッシングに必要な書類

キャッシングする際に必要な書類

キャッシングの申し込みに必要なのは、基本的に本人確認書類のみです。
本人確認書類、つまり身分証明書ですね。
身近な運転免許証をはじめとして、健康保険証、パスポート、住民票、外国人登録証明書、社員証などがありますが、大手のキャッシング会社では基本的に運転免許証の提出を求めており、それがない場合は健康保険証もしくはパスポートの提出をお願いしています
運転免許証等に記載されている住所が現住所と異なっている場合は、現住所が確認することのできる書類を合わせて提出することになります。(水道・ガス・電気などの公共料金の支払い領収書/社会保険料の支払い領収書/納税証明書など)
また、新規のキャッシング借入額と、他社での借入の総額が、100万円を超えてしまう場合、および新規での借入申し込み額が50万円を超えてしまう場合は、収入証明書(給与明細書や源泉徴収票)が必要になりますので、高額な借入を希望する場合は、これらの書類も一緒に用意しましょう

☆新規申し込み店舗での借入金額50万円以上の場合
☆新規申し込み店舗での借入金額+他社での借入金額の合計が100万円を超える場合


運転免許証+収入証明書
また、銀行カードローンは100万円を超える借入の場合、必ず収入証明書が必要になります

ただ、新規の借入の平均金額は15万円前後ですから、基本的には、運転免許証一枚あれば、借入の申し込みが可能なので、シンプルでいいですね!

条件付きで収入証明書が不要なキャッシング

急に資金が必要になった場合や、収入証明書類を手に入れる時間がない人は、収入証明書類の不要なキャッシングに申込むことをオススメします。
収入証明書不要キャッシング一覧で確認して下さい。