返済方法

お金を借りたら、必ずやってくるのが返済日。

返済方法はキャッシング会社によって、毎月1回、35日周期、リボルビングシステムなどさまざまで、契約するときに決められます。また、毎月の返済の場合には、月の何日を返済日にするかも決めるのですが、この際に、自分で決められることもあれば、決められた日付から選ぶこともあります。
※返済方法でよく用いられるリボルビングシステム。
これは、通称リボ払いといい、最初に、毎月の支払額を一定に定められているので、利用金額によって返済の回数が決められます。なので、借り入れたお金の残高とは関係なく、毎月一定の金額と利息を返済していきます。

返済方法いろいろ

毎月1定日

1か月のうちに、かならず1回返済日があるように設定されている
その返済日は、契約をする際に、借入者が自分で設定できる場合、もしくは、会社が用意したいくつかの返済日から選ばせる場合もあります。
さらに、借入者の給料日から数日以内の日にちを返済日に指定できるところも

※ただし、毎月1定日だからといって、絶対に毎月1回返済しかできないわけではなく、「前倒し」での返済もできる。
ただ、気をつけたいのは、設定した返済日の2週間前以上前に返済してしまうと、「任意増額返済」とみなされてしまい、前月の返済とみなされ、2回返済することを余儀なくされてしまいます。

お財布に余裕があるなら2回でも3回でも月に返済してしまってもいいでしょうが、そうでないなら十分注意しましょう!

35日サイクル

「35日サイクル」とは、月に一回の返済という考えではなく、返済日が、返済をした翌日から35日以内にするというもの

通常一カ月は30日もしくは31日で、給料日はそれに対して月に一回が一般的ですから、給料日は30(31)日に一回で、返済日が一定日に置かれるのには、これがベースとなっているから

ではなぜ「35」なのかというと、きちんと理由があり、現在では普通なATMでの給料の振込も、一昔前までは手渡し。なので返済だって店頭に持ち込みます。
しかも、給料日も25日給料日という会社が非常に多かったため、返済のために来店する人が集中しすぎてしまうため、混雑の回避のために1カ月+5日間の猶予ができたのです。

リボルビング方式

現在はほとんどの会社で取り入れられている返済方式。
毎月初めに定められた最小返済額以上の一定額を返済していくというもので、最終的に決められた利用限度額の範囲ないでなら、返済途中であっても何度も借入が可能
ただ、毎月の返済額は変わらないが、借入額の増加にともない、返済期間が長引き、利息の負担も増えるので、むやみに借り入れを繰り返さないことが重要。

※最小返済額は「元金+利息」で構成され、約定返済額とも言われます
これで打ち出された返済額は、あくまで最小額なので、この額よりも多く返済をすることもできます。

ただし、最小返済額の設定方法は各社で若干異なります。

残高スライドリボルビング方式

毎月の返済額が、借り入れ残高によって見直される方式。利息込みの毎月の返済額が残高によって変化します。
例えば、借入残高が1万円~10万円の場合、月額返済学が5000円、20万円だったら10000円といった感じ。
※設定金額以上であれば、いくら返済しても大丈夫

元利定額リボルビング方式

借り入れした元金と、その利息を毎月一定額にして返済する

「残高スライド元利定額返済方式」

「残高スライドリボルビング方式」と同じ

元金定額リボルビング方式

設定された毎月一定額の元金に、その借り入れ残高に対する利息が加算され、その合計を支払う。

元利均等返済(リボルディング)

毎回の返済額の元金+利息が返済開始から最終返済時まで一定で変わらないもの

また、返済の方法も、店頭窓口、銀行引き落とし、無人契約機ATMや、提携したコンビニ、銀行のATMなどを利用できますし、銀行振り込み、現金書留あります。これらもキャッシング会社によって異なりますが、どこでも大体これらの返済方法は可能です

引き落としは、自動で決まった引き落とし日に引き落とされるので、うっかりしてしまう人にはおススメですね!
もちろん一括返済も可能です!決められた支払額は最低の支払額なので、返せるのならば、借りてすぐに全額返してもいいのです。

こういう場合は、●日間無利息なんていうキャンペーンをしている会社を利用すると無利子で済みますね!短期間でのキャッシング利用にとても便利です。

遅延損害金

絶対にあってはいけませんが、予定された返済期限を過ぎてしまった場合のことについても知っておきましょう。
こういった場合には、「遅延損害金」というもとの借入額とは別のお金を支払わなければなりません。

その気になる遅延損害金の金額は①借入額、②遅れた日数、③遅延損害金利率で割り出されます。
遅延損害金利率が15%で、借入した元の額が30万円で、返済期日を7日間遅れてしまうと、

遅延損害金利率=
 例えば遅延損害金利率20%、借入額(元金)20万円で返済が
10日遅れてしまった場合、
遅延損害金=20万円×0.2×10日/365日=\1,096

この額を加えた金額を返済することになるので、注意しましょう。