銀行業法下でレイクが攻勢 業界からは怨嗟と羨望の声

レイクが新生銀行下で事業展開開始

中堅消費者金融会社のレイクが10月1日から新生銀行の下で事業展開を始めました。
このことで、他のアコムやアイフルからは、『そりゃないよ』っという悔し泣きの声がでています。

新生銀行下になったということは、これまで新生銀行グループの新生ファイナンシャルが運営していた時は、貸金業法に基づいて事業を行ってきたのが、銀行業法下で事業展開ができるということ。
なので、消費者金融業界が、苦しんでいる、改正貸金業法での、総量規制などがない状態で事業を行えるのです。
ほかのアコムやアイフルなどの消費金融がうらやましがるのも、悔しがるのもわかりますよね。

総量規制とは、年収の3分の1までの融資しかできないというもので、年収の3分の1を超える融資はどの消費者金融でも法律で禁止されているのですが、レイクは、銀行業法となるので、その法律は適用されず、消費者金融ながら、追加での融資を受けられるのです。

さらに、広告規制も、専業主婦への融資規制もなくなるので、メリットはかなり大きい。
レイクはこれで他のライバル消費者金融から一つ頭抜けた形になったわけですが、今後ほかの金融会社がどういう対策にでるのかも注目したいものです。