キャッシング利用者

キャッシング利用者の割合

キャッシングは、20歳以上であれば誰でも申し込みが可能。
無担保で、申し込みから、審査、契約まで短時間で完了でき、最近では、店舗に行かなくても、webやモバイルからも申し込め、さらに便利になったことから、20代~60代まで、かなり幅広い年代から利用されています

キャッシングの利用人口は増加の傾向にあり、利用者の割合は、年代では20代~30代が7割程度を占め、男女比率は、男性7:3女性 もしくは男性6:4女性程度なようで、若干男性が多いようですが、女性専用カードローンというのも近年人気ですから、女性利用者が増えているのも事実です。

新規申し込み者の契約率は大体6~70%で、大体3、4人に一人は断られることに
キャッシングを利用したことのない人は、キャッシングは申し込めばほとんど貸してくれると思っている人が多いと思いますので、意外と厳しい!?っと感じるかもしれませんが、この新規申し込み者には、キャッシング自体が初めての人もいれば、他社で借入をしたことがある人も含まれているのを頭に入れておきましょう。

初回貸付額は、まず会社が顧客の返済能力を確認するために、限度額を低めに設定しておき、徐々に限度額を引き上げていくケースもあるため、大体18万円前後が多いです。

※健全なキャッシング委員会『キャッシング教本』データハウス参照

キャッシング利用目的

キャッシングの利用目的は、生活費に始まり、買い物、旅行に急な結婚式などでの出費、あとはこれはよくないですが、他社の借金の返済のためなど・・・幅広いです。だから利用者の年齢層もおのずと広くなるんですね。

キャッシングの申し込み審査に通るためには当然無収入では無理ですし、いくつかの条件をクリアしなければなりませんが、その条件は各キャッシング会社により異なりますし、ある程度の一定の収入があれば、学生、主婦の方でも利用ができるので、とりあえず申し込んでみるのもいいかもしれません。

お店に行くときに誰かに見られてしまうかも・・・という心配もwebでシミュレーションに申し込み、審査に契約まで済ませられるキャッシングもあるので安心です。