審査のポイント

審査で重視されるあなたの属性

あなたの情報はこうして審査される

新規で契約を行うとき、自分の氏名、住居はもちろんのこと、家族構成、職業、クレジットカード利用、他社利用など、大体の個人情報をさらけ出すことになります。

これは、どこのキャッシング会社で初めて申し込んでも、必ず記入(PCなどからの場合は入力)しなければなりませんが、各社で用意されている申し込み書の記入項目には、無駄が一切ありません

この項目の情報をもとにして、融資をするかしないかが決められ、最終的な借入れ極度額が決まるわけで、近年では、窓口で直接担当者と申し込み者が顔を合わせて申し込みから審査、契約を行わず、ネットや無人契約機からの申し込みが増えているので、ますますこの申し込み書に記載されている項目の情報が重要になってきます。

その重要な項目は、「属性」と言われ、どれも大切なのですが、その中で、優越がつけられています

申し込み者の素性があきらかになる属性、確実な情報だと言えるものが重視されるのですが、たとえば、「氏名」だけではその人物についてほとんどわかりませんが、生年月日であれば、年齢から大体の勤年数がわりだせるので、審査のうえで、氏名よりも重要視されるといった感じです。

優越の付け方は会社によって異なりますが、大体の会社が重要な属性と判断している項目を紹介します。

年齢

キャッシング会社の大手では、対象ターゲットを主に、「20代~30代」としています。
さらに、
「未婚(独身)」の人をより重要視している
のが特徴で、普通は、「既婚者」の方が、実社会では信用度が高いが、金融業界では、「自由に使えるお金の多い少ない」で考えるので、独身の人の方が、有利なのだ。
年齢も、上がれば上がるほど、不利になってしまう。
若い人には蓄えはないのはわかりますが、業者的にみれば、ある程度の年齢になっても蓄えがなく、キャッシングに来るというのは多少問題ありと判断されてしまうのだ。逆に若すぎても収入が少ないと思われる場合があり、年齢はかなり重要だ。

電話番号

現在では、ほとんどの人が携帯電話を所有しており、逆に固定電話を持たない人が増えてきました。逆に携帯をもっていなければ評価も下がるはず。
電話はキャッシング会社が確実に申し込み者に連絡がとれるのかどうかにかかわるため大変重要
「携帯電話のみ」「固定電話のみ」「両方」っと、基本的にはどちらかがあれば申し込みは可能です。しかし当然「両方」あるのがもっとも有利。特に固定電話は、現在の住居とも直につながっている上、携帯電話のように簡単に番号も変えられないため、信頼評価があがるのです。

職業

“安定”した職業(離職率の低い職業)であると、信用度は高くなります。たとえば、安定といえばの公務員や、会社勤めのサラリーマン。これらの人たちは、売れっ子で年収は軽く6000万稼ぐような芸能人よりも信頼度があります。芸能人が、人気が安定していない、いわば離職率の高い職業なわけです。そういうわけで、努めている本人の勤年年数も大切です。最低でも1年以上の勤務実績をもち、勤年数でも安定していれば、キャッシング会社からの評価は高いですよ!

居住

賃貸アパートに住んでいるのか、持家一戸建てに住んでいるのか、ということよりも重要なのは、居住年数
住んでいる場所がどこであれ、ふらふらと居住を転々としないで一か所になが~くとどまって住んでいる人の方が信用度も高く、キャッシング会社にとってもありがたいのです。

逆に意外と重要視されない属性が、「年収」

収入に関しては、収入証明書が必要になるほどの融資契約でなければ、提出しなくてよく、正確な収入額がキャッシング会社には、(誰もが知っている有名企業でもない限り)わからないので、勤務先に在籍確認はしても、給料の額は、確認されません

それゆえに、記入の際に水増しして記入する人もいるかもしれないので、信憑性が薄いため、そこまで重要な属性ではありません

大体これらのことが重要属性になりますが、基準は、各社異なるので、あくまで目安です。
頭の隅にこれらのことを置きつつ、申し込みしましょう!